マイクロソフトの Custom Visionで乃木坂46のメンバーを機械学習させてみる

タイトルどおりですが、マイクロソフトのイベント de:code 2017 で知ったのでさっそく試してみました。

 

プログラミングがわからなくても、機械学習をさせることができるサービスです。

マイクロソフトすごい!

 

使い方は超簡単。まずサイトに飛んで、


とりあえず「はじめる」。

f:id:harukeee:20170524221618p:plain

 

 

何かでますが「Accept」と「I Agree」で承認。

f:id:harukeee:20170524221725p:plain

 

 

「Name」はお好きなプロジェクト名。
「Description」は簡単な説明書き。

「Domains」は人物なので「Adult(生物)」を選択。

ここは写真のカテゴリなので、目的のカテゴリかどうかを、英単語を調べて選びます。

f:id:harukeee:20170524221858p:plain

 

 

あとは、適当な枚数の写真を集め、アップロードし、
「Add some tags to...」にタグ名を入力し、「+」ボタンでタグ付けます。

タグとは認識させたい対象。例では「犬」とか「猫」とか「東京タワー」とか。

今回は「Yumi Wakatsuki」とします。

f:id:harukeee:20170524222721p:plain

 

 

 

画面上部の「TRANING IMAGE」タブが画像アップロード画面。

いくつか画像アップロードしたら、最後に緑の歯車ボタンでトレーニングさせます。

f:id:harukeee:20170524222415p:plain

 

 

 

画面上部の「PERFORMANCE」タブが、認識度の確認画面です。

%が低い時は、「TRANING IMAGE」でもっと画像を与えて学習させます。

認識率が上げれば、AIのヲタ度も上がったということです。

f:id:harukeee:20170524221021p:plain

 

 

 

最後に、どのくらい判別できるか、右上の「Quick Test」ボタンでテストしてます。

緑のボタンの隣のボタンです。

f:id:harukeee:20170524224053p:plain

 

 

 

画像のURLを与えるか「Browse local files」で画像をアップロードし、いざテスト。

f:id:harukeee:20170524223933p:plain

 

「95.2%」の確率で若月佑美だという結果がでました。

これを見る限り、「20.9%」はまいやんと間違えるかもしれない。

 

プログラミングがわからなくても、手軽に機械学習が行えました。

 

 

でも、せっかく学習させたんだから活用したいですよね。

その時は、上部「PERFORMANCE」タブの中の「PredictionURL」を押すと

プログラムから呼び出せる方法が表示されるので、誰かプログラミングできる人にがんばってもらいましょう。

f:id:harukeee:20170524225149p:plain

 

 

以上、マイクロソフトの Custom Vision 即席入門メモでした。

おわり。